金融機関でお金を増やそう

仙台銀行でお金を増やそう よく分かる信用中央金庫

仙台銀行でお金を増やそう

仙台銀行の普通預金

金融機関で最初に利用するのは普通預金口座です。普通預金は要求払預金という商品の一種で、預け入れや引き出しが自由にできるという特徴があります。給与振込や公共料金の自動支払い、クレジットカードの引き落としなどができるため、ほとんどの家庭が普通預金口座で家計の管理をおこなっています。使いやすいため親が子どもの名義で口座開設しておくこともあります。

仙台銀行で普通預金を利用する際は総合口座にすると便利です。総合口座とは普通預金に定期預金をセットした商品で、それぞれの口座を単体で利用するのと違い、1冊の通帳で複数の口座を管理することができます。多くの場合、普通預金にセットできるのはスーパー定期預金などの定期預金だけですが、仙台銀行の場合は貯蓄預金をセットすることもできます。貯蓄預金は普通預金と同じく預け入れと引き出しが自由な商品ですが、口座残高に応じて段階的に適用金利が上がるという特徴があります。

普通預金のような要求払預金には、他に通知預金納税準備預金などもあります。通知預金は普通預金と違って預入期間が7日以上と決まっており、払い戻しの2日前までに満期日を通知する必要があります。主にまとまった資金の短期運用を利用目的としており、別の金融商品で取引するまでの一時的な資金の預け先に選ばれることが多いです。納税準備預金は納税資金を預けておくための商品で、納税のために預金を利用すると元本の利息に所得税がかからないという利点があります。

普通預金には適用金利が低いという欠点があります。定期預金の金利上乗せキャンペーンなどのように最大金利が上がることがなく、利息を増やすチャンスがないのです。そのため普通預金で資産運用する場合は利息以外で預金を増やす必要があります。オススメは振込手数料を安くすることです。仙台銀行のような地方銀行は他行宛て振込手数料が高いため、利息を増やすよりも手数料を安くするほうがお得な場合が多いのです。

仙台銀行でお金を増やそう

仙台銀行の普通預金

仙台銀行の定期預金

仙台銀行で財形預金

仙台銀行で資産運用

仙台銀行のローン

じもとホールディングスと仙台銀行


よく分かる信用中央金庫

信用中央金庫の特徴

信用中央金庫の資金調達

信用中央金庫の資産運用

信用中央金庫による信用金庫へのサポート

信用中央金庫以外の系統中央機関

信用中央金庫で働く



 

Copyright ©2016 金融機関でお金を増やそう All rights reserved.

Powered byホームページ制作/SEO-楽夢