金融機関でお金を増やそう

仙台銀行でお金を増やそう よく分かる信用中央金庫 定期預金の今昔

仙台銀行でお金を増やそう

仙台銀行で財形預金

仙台銀行などの金融機関では財形預金を取扱っている場合が多いです。財形預金とは給与から直接天引きされる積立商品で、スーパー定期預金などの金融商品よりも高金利な傾向にあります。仙台銀行では一般財形預金・財形年金預金・財形住宅預金の3種類を取扱っています。一般財形預金は貯めた資金を自由に使えますが、財形年金預金と財形住宅預金はそれぞれ年金と住宅取得資金にしか使うことができないという特徴があります。

財形年金預金と財形住宅預金は使途が制限される代わりに、非課税措置が施されているという利点があります。財形年金預金と財形住宅預金で貯めた資金を規定の用途に使うと、元本550万円分の利息が非課税となるのです。通常の利息には約20パーセントもの源泉分離課税が課されますが、それが550万円分まで非課税になるのです。しかし財形年金預金と財形住宅預金を合計して550万円なので、片方の預金で非課税枠を使い切ってしまうと、もう片方は通常通り税金が引かれてしまいます。

仙台銀行で財形預金を利用する利点は非課税措置だけではありません。たとえば財形年金預金は余計な利用手数料がかからないため、個人年金保険や確定拠出年金を取引して年金を運用するよりも低コストで済むという特徴があります。財形住宅預金にしても、利用して住宅取得資金を貯めることで、住宅ローンに頼らなくて済みます。住宅ローンは自己資金が足りない場合に便利ですが、利息や手数料が多いので自己資金を増やすほうがお得なのです。

しかし財形預金は仙台銀行と契約している企業に勤めていないと口座開設することができないという不便な点があります。契約している企業に勤めていても、パートや派遣社員などの雇用形態によっては財形預金を利用できない場合すらあります。財形預金を利用したいときは、仙台銀行の本支店窓口に行って詳しい商品説明書を貰うとよいでしょう。

仙台銀行でお金を増やそう

仙台銀行の普通預金

仙台銀行の定期預金

仙台銀行で財形預金

仙台銀行で資産運用

仙台銀行のローン

じもとホールディングスと仙台銀行


よく分かる信用中央金庫

信用中央金庫の特徴

信用中央金庫の資金調達

信用中央金庫の資産運用

信用中央金庫による信用金庫へのサポート

信用中央金庫以外の系統中央機関

信用中央金庫で働く


定期預金の今昔

定期預金の金利の推移



 

Copyright ©2017 金融機関でお金を増やそう All rights reserved.

Powered byホームページ制作/SEO-楽夢