金融機関でお金を増やそう

仙台銀行でお金を増やそう よく分かる信用中央金庫 定期預金の今昔 松本信用金庫のメリットを紹介 愛媛信用金庫でできるお得な資産運用
宮崎信用金庫ならではのサービス 手厚いサービスが特徴の福島信用金庫

宮崎信用金庫ならではのサービス

宮崎信用金庫の合併

現代は金融サービスの向上や経営基盤の構築を理由に地域金融機関同士が合併するケースが増えていますが、宮崎信用金庫も2018年1月22日に都城信用金庫と合併して宮崎都城信用金庫となりました。背景には2信用金庫の営業エリアである宮崎県内の人口減少や高齢化があり、預金量の減少などに備えて合併による経営基盤の強化を行います。元々2信用金庫は営業エリアが重複しないため、合併した後も旧店舗を効率的に活用することで、地元中小企業を中心とした利用者に対する利便性向上も期待できます。

金融機関同士が合併するとシステムの変更やそれに伴う手続きが発生する場合がありますが、宮崎都城信用金庫の存続金庫は宮崎信用金庫なので、宮崎信用金庫の利用者は基本的に今までと変わらず取引することができます。預金商品の口座番号や融資商品の契約内容などは何ら変わりないので安心して取引を続けましょう。ただし金融機関コードや金融機関の名称が変わったため、間違えないようにする必要があります。

金融機関同士が合併すると、合併を記念して金融商品の優遇キャンペーンが開催されることがあります。そのためキャンペーン情報は定期的に確認しておくとよいでしょう。合併記念のキャンペーンでは金利優遇定期預金が提供されることが多く、合併を祝うだけでなく資産運用の促進や新規会員の確保、果ては地域経済や地域社会の活性化といった効果があります。実際に2017年、横浜中央信用組合と九州幸銀信用組合が合併して誕生した横浜幸銀信用組合では、通常よりも高金利な合併記念定期預金が提供されています。

金融商品の内容は変わりませんが、合併によって手数料が一部変更されます。たとえば融資商品の条件変更手数料、一部繰上返済手数料が合併前と少々異なります。そのため宮崎信用金庫や都城信用金庫だったときに契約し、今でも返済中の融資商品がある場合は、手数料の金額を確認しておくとよいでしょう。なお新しい手数料は合併後の新規実行分から適用されるため、合併前に支払った手数料の払い戻しなどはありません。

仙台銀行でお金を増やそう

仙台銀行の普通預金

仙台銀行の定期預金

仙台銀行で財形預金

仙台銀行で資産運用

仙台銀行のローン

じもとホールディングスと仙台銀行


よく分かる信用中央金庫

信用中央金庫の特徴

信用中央金庫の資金調達

信用中央金庫の資産運用

信用中央金庫による信用金庫へのサポート

信用中央金庫以外の系統中央機関

信用中央金庫で働く


定期預金の今昔

定期預金の金利の推移


松本信用金庫のメリットを紹介

松本信用金庫の個人向け定期預金

松本信用金庫の定期積金

松本信用金庫のマイカーローン

松本信用金庫の事業者ローン

松本信用金庫のインターネットバンキング

松本信用金庫のローンセンター


愛媛信用金庫でできるお得な資産運用

愛媛信用金庫の定期預金

愛媛信用金庫で資産運用

愛媛信用金庫でセカンドライフ

愛媛信用金庫の普通預金

愛媛信用金庫の融資商品の優遇利率

愛媛信用金庫のインターネット申込み


宮崎信用金庫ならではのサービス

宮崎信用金庫の定期積金

宮崎信用金庫の定期預金

宮崎信用金庫の合併

宮崎信用金庫のカードローン

宮崎信用金庫のフリーローン

宮崎信用金庫の住宅ローン


手厚いサービスが特徴の福島信用金庫

福島信用金庫の定期預金の活用方法

福島信用金庫独自の定期積金

福島信用金庫の融資商品

福島信用金庫で年金受取

福島信用金庫の店舗

福島信用金庫の取り組み



 

Copyright ©2018 金融機関でお金を増やそう All rights reserved.

Powered byホームページ制作/SEO-楽夢